ストレス解消や発散に効く仏教の智慧まとめ

有難う御座います、ようこそお参り下さいました、当庵(ブログ)住職の真観です。

あなたは、日頃イライラすることがあったり、ストレスを感じていらっしゃいませんか?
098248 現代社会は「ストレス社会」という表現もなされており、心療内科に通うレベルの事もしばしば見受けられます。

かくいう私も、心療内科のお世話になるような状態にまでなりました。

ただ、だからこそ観えてきた事や、ストレス解消なり発散の方法も見出したり、仏教の智慧からその実践方法を頂く事も御座います。



このお堂(ブログ)でも、そのような仏教の智慧をお借りした「イライラする原因はどこにあるのか」「ストレス解消、ストレス発散の智慧」について、色々とお伝えしてきました。



今回は、あなたのお役に立てて頂けますよう、それらの智慧をここにまとめて紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

ストレス解消・発散する仏教の智慧1.イライラする原因を知る

現代社会において、イライラする原因とはなんでしょうか?

「上司が傲慢で偉そう!」「部下が言うことを聞かない!」「夫が、妻が、子供が・・・」等々、色々とあげていけばきりがありません。



個々のイライラする原因は、あげればきりがありませんから、ここは抽象度を高く、視点を高くして観ていく必要があります。





イライラというのは、仏教の視点から観ると、言うなれば「苦」であります。

原始仏教僧侶の小池龍之介さんは、「煩悩」に「ストレス」というルビを振られた本も出されています。

とにもかくにも、イライラは煩悩であったりストレスであるのは、仏教視点でなくても、何となく感じ取って頂けることであろうと思われます。



そして、そのイライラするという「果」が起こったことには「因」があり、その「因」に何らかの「縁」があっての事です。

イライラの「果」を、「因」と「縁」に迫ることで、イライラする原因をきちんと明らかにすることにより、イライラしない道を歩むきっかけとなります。



その時に役立つのが、連綿と受け継がれてきた仏教の智慧です。

参照:「イライラする原因を知りイライラしない方法へ導く仏教の智慧 」



また、性格的にイライラすることが多い人や、ストレスを感じやすいという人もいます。

その一つが「完璧主義の性格・性質が強い人」です。

参照1:「完璧主義はうつ病の原因になるという私の体験談」

参照2:「完璧主義を治す3つの方法を仏教に学ぶ」

かくいう以前の私も、生真面目で完璧主義的な性格を持っておりました。



現在は、仏教の智慧「諦める」を覚えて、随分と改善してきております。

仏教が説く「諦める」は、
:物事を明らかにする
という意味です。

この「諦める智慧」により、私は自分都合でどうしようも無い事を見極め、時にはやり過ごしたり時間による解決を待てるようになりました。

上の二つの参照記事では、それらについて詳しく話をさせて頂いております。
スポンサーリンク

ストレス解消・発散する仏教の智慧2.現代社会こそ仏教の智慧

イライラする時、その原因を突き止めて、ストレスが溜まりに溜まって爆発しないための方法論は色々とあります。

巷の自己啓発本やビジネス書のコーナーにいくと、その類いの本が沢山陳列しております。

最近でしたら、インターネットにもストレス解消の方法やストレス発散の耳寄り情報も散乱しています。



でも、わざわざお金を掛けなくても、仏教の智慧をヒントにしたストレス解消・発散出来る方法があります。

参照1:「ストレス解消法を仏教の智慧に学ぶ|2つの方法編」

参照2:「イライラする時の禅的な対処法とイライラ解消法の実践」



ストレス発散の方法として、例えばフィットネスメニューがあるボクシングジムで汗を流すことは有効です。

ミット打ちやサンドバッグは、確かにストレス発散に効果がある事は、私もボクシングの世界に身を置いていた経験から体感しております。



運動がストレス発散になるのは、身体の作用もありますし、その事によるパトス(精神性・情動)への影響も少なからず在ると、私も経験上言える事が御座います。

また、運動に集中しているという状態は、仏教が説くことであり、禅語として伝えられる「三昧(さんまい)」に至れると言う事もあります。

「三昧」とは、平たく言えば「集中している状態」です。

運動する事に集中している「運動三昧」の最中には、ストレスとなる事柄から離れている状態です。

それゆえに、ストレス解消に精神的作用があることも頷けます。



でも、とても有効な手段ではあるのですが、お金がかかりますし、ジム通いとなると時間もかかります。

また、家にサンドバッグをつるすにしても、住宅事情によっては不可能と言う事もありますから、万人に出来るストレス発散方法ではありません。



ジム通いやグッズの活用が難しい人のために、より多くの人が実践しやすい方法を、上で挙げた2つの参照記事で紹介しております。

432842

ストレス解消・発散する仏教の智慧3.逆にイライラする原因になりかねない注意点

最近は、簡単にストレスが解消出来るという謳い文句のゲームやグッズって、探せば出てくるものですね。

特にストレス発散ゲームというのは、楽しみながらストレス解消が出来ると言う事で、ゲーム好きの人にとっては有り難いことです。

近年、適度なゲームプレイはストレス解消効果も科学的な研究発表もありました。



ただ、それらのストレス発散の方法は、やり方や付き合い方、距離を間違えると、かえってイライラする原因になる事があります。

ストレスを発散するどころか、逆効果でイライラする度合いが強まり、最終的に爆発・・・なんて悲惨なケースもあります。

そうならないための智慧を、こちらでお伝えしております。

参照1:「ストレス解消どころか逆効果な3つ発散の方法」

参照2:「ストレス発散ゲームがイライラする原因にならないよう注意する」

特に参照2は、ファミコン世代やゲームセンターでゲームに熱中する人にとっては、凄く痛々しい話かもしれません。





また、ストレス発散どころか、自己嫌悪や更なるイライラ、ストレスの要因となる私の失敗談もお伝えしております。

参照:「ストレス解消ができない発散方法|私の失敗談」

反面教師という言葉は、言い訳に使われる事がしばしばあり、私はあまり好きな言葉ではありません。

ですが、ここではあえてわかりやすく、この事例は反面教師として学んで頂ければ幸いです、とお伝えさせて頂きます。

ほんと、やってしまってからでは後の祭りで、自分も周囲も苦しむだけですからね。

イライラする時に人や物に八つ当たりしてしまう人は、特に読んでおいて欲しい私の失敗談です。

ストレス解消・発散する仏教の智慧4:仏教の「因縁果」と「内観」

135844 今回は、過去に私がお伝えしてきた
:ストレス社会で活きる仏教の智慧
を、まとめました。



現代社会は、何かとイライラする場面に出くわす機会が多く、ストレスを感じる世の中です。

でも、そのような現代社会に生きる人の中には、いつも穏やかでいられる人達もいらっしゃいます。



そのような人達は、
:ストレスの原因をきちんと知る
:イライラする自分をきちんと内観する
この二つが出来ているからではないか、私はそのように頂いております。



この事は、仏教の智慧や言葉をお借りすると、
:イライラする「果」に繋がる「縁」と「因」を観察する
:イライラする自分を「内観」する
と言う事が出来ている、と換言出来ます。



仏教が説く「因縁果」「内観」は、ストレス社会で何かとイライラする世の中で活きる智慧ではないか、そのように私は頂いております。



このお堂(ブログ)で、出来るだけイライラする事がない生き方と、例えストレスが溜まっても、上手にストレス解消や発散が出来る智慧と実践方法を身につけて頂ければ、嬉しゅう御座います。


合掌

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加