丁寧な暮らしとは|仏教の智慧に学べる禅的生活様式

有難う御座います、ようこそお参り下さいました、当庵(ブログ)住職の真観です。

私はブログ村などの人気ブログランキングに登録させて頂いておりますが、色々なカテゴリーがありますね。
302536
カテゴリーの中には「丁寧な暮らし」というのがあります。



丁寧な暮らしといいますと、ちょっと前に話題となった、小倉優子さんの人気ブログが有名になった事もあったようですね。

結婚されてからも、女優と母親、旦那さんを支える妻としての役割を全うし、料理も手作りで踏ん張っている姿や手料理の様子がブログにあり、それが丁寧に暮らす姿だと話題になったという記事を読みました。

確かに、小倉優子さんは女優として社会との関係性も全うし、母親と妻として家庭内での関係性も大切にされた事が好感だったのでしょう。

仏教では他者との関係性を大切にする教えがありますから、仏教的学びもあります。

スポンサーリンク

丁寧な暮らしの人気ブログやランキングはきっかけとしては良いけれど・・・

小倉優子さんの人気ブログの影響か、人気ブログランキングの「丁寧な暮らしカテゴリー」でも、日々丁寧に暮らす姿を綴っているブログが沢山あります。

小倉優子さんは料理が苦手だったのに、お子さんや夫のため、母親としての役割・関係性を全うするために料理教室にまで通って、料理のレシピ本を出すに至るほど努力され、そのような芸能人の人気ブログに手料理やレシピ投稿の影響もあるのでしょう。

雑誌やインターネット上の情報サイトでも「小倉優子さんの丁寧な暮らし」という題名で紹介していましたからね。



その影響なのか、丁寧な暮らしを綴る人気ブログには
「お菓子作りをしている」「自家栽培している」「朝食をしっかりと食べる」
など、主に手料理の献立やお菓子作りのレシピ集である事が多く観られます。

また丁寧な暮らしの人気ランキングを観てみると、
:ハーブやプチトマトを自家栽培している
:家で飲む珈琲は豆から挽いている
:お菓子は手作りが基本
:昼食はお弁当を作り、コンビニ弁当で済ませない
と、そんな感じのものが続きます。



なるほど、確かに一見すると丁寧な暮らしだと言えなくもありません。

でも、これってなんだか私には「丁寧な暮らし」というよりも「健康的な暮らし」に思えました。



確かに、丁寧な暮らしの先に、結果として健康な暮らしにもなるでしょうし、悪いことではありません。

ただ「調味料に拘って添加物は摂取しない」「旬の野菜や果物に詳しい」という項目もありましたが、「そりゃ天然生活ですがな。」と、突っ込みを入れたくもなってきます。



そういえば、どんぴしゃりで「天然生活」という雑誌がありましたね。

天然生活のコンセプトが
:丁寧な暮らしを楽しむ
でしたから、もろですよ。



天然生活はさておき、こういう暮らし方は「健康な暮らし」ではあるけれども、丁寧な暮らしと言うには、何か違う気がします。

丁寧な暮らしとは丁寧に生きるの実践を続けた結果

丁寧な暮らしとは何か、そのためのヒントや何をするかという事に関しては、確かに人気ブログなどはヒントにはなり得ます。

「丁寧な暮らしっていうけれど、結局何をすれば良いの?」というわからなさは、最初の内はどうしてもありますからね。



でも、「何をするか」も大切ですけれども、それ以前に
「何をどのような意識で、意識的に行うか」
という事を考えなければなりません。



例えば、「家庭菜園をすれば丁寧な暮らしなんだ!」と思って、ベランダでプチトマトを栽培したりします。
(ちなみに私の実家ではしその葉や九条葱、大根の葉も家庭菜園していたりします。)

これが「インタスタグラムとかFacebookで自慢してやろう」という雑念なり煩悩を満たす事を目的であるならば、丁寧な暮らしを実践しているとは言えません。

家庭菜園自体は素晴らしい事ですけれども、インスタグラムへの写真投稿が目的だったら、ただの被写体制作かオーガニック生活(天然由来食品生活)にしかならないのです。

大切な事は、
:どのように家庭菜園をするか
:一つ一つの家庭を意識的に丁寧に行うか
という事であり、それを続ける事が「丁寧な暮らしの実現」であり、丁寧に暮らすと言う事なのです。



丁寧な暮らしは「丁寧に暮らす・丁寧に生きること」の継続による結果です。



その先に、補足的にインスタグラムで紹介する程度ならわかりますが、インスタグラムに写真を投稿ことありきでは、本末転倒です。

丁寧な暮らしランキングには「土鍋でご飯を炊く」というのもありましたが、土鍋でご飯を炊くことそのものが「丁寧な暮らし」ではありません。

土鍋を用意するところから、土鍋にご飯を入れて炊き、そして食べ切った後に、お茶碗と土鍋を洗って後片付けまでしっかりと意識的に行う事が、丁寧な暮らしに繋がるのです。

丁寧な暮らしを意識する禅語「喫茶喫飯」と「一行三昧・遊戯三昧」

丁寧な暮らしとは、プチトマトを育てたりするような、新しい事や特別な事を始めなくても出来ます。

むしろ、普段何気なくやっている事を丁寧に行う事を意識して生きる事こそ、丁寧な暮らしの実現だと私は思うておりますし、現に私も実践しております。



それを常に意識する事を助けてくれる禅語に
:喫茶喫飯(きっさきっぱん)
があります。

「お茶を飲むときはお茶を飲むことになりきり、飯を食す時は飯を食すことになりきる」という意味の禅語です。

399440
例えば、あなたは食事を頂くときに、テレビを付けて「ながら食い」をしていらっしゃいませんか?

ながら食いは、丁寧な暮らしの実践とは真逆の行いです。

庭やベランダでプチトマトを栽培したり、お菓子作りをされるのも良いでしょう。

でも、食べる時に「インスタグラムに投稿だ!」「さーて、テレビ観ながら食べるか。」なんて事は、丁寧な暮らしどころか雑な暮らしをしていることになるのです。

新しい事を無理に始めるのでは無く、まずはそういったところから見直し、実践してみては如何でしょうか。



小倉優子さんのブログや、人気ブログで何をしているかを研究することは否定しませんが、それよりも、今すぐ出来る事があなたの日常に沢山ありますよ。

例えば「ドアを静かに、閉めきるまで手を離さない。」

意識的にそのような所作を続けていけば、やがて習慣化して身体が覚えてきます。

そうすれば、友人宅へお邪魔したときに、ドアをバタン!と閉めずに、そーっと丁寧に閉める姿を観て「丁寧な人だな、友達で良かった。」と、思って貰えるという功徳の縁を頂けるかも知れませんね。



合掌

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加