聞く力|傾聴と聴聞

有難う御座います、ようこそお参り下さいました、当庵(ブログ)住職の真観です。

このお堂(ブログ)では、以前に人の話を聞く仕事について、また、聞き上手な人に向いていそうな仕事について話をしたことが御座います。
016179 相手の話を遮らず、最後まできちんと聞く事の大切さは、色々な所で言われておりますね。



自己啓発の世界でも、話すより聞く方が大事だと、しばしば言われております。

ただ、自己啓発セミナーとか似非コンサルタント、もしくは詐欺コンサルタントなどの類いは、その真逆のことをやってのけているわけで、全然言っている事が出来ていないと感じるのですがね。



それはそれとして、最近では「傾聴力」「聞く力」という事もよくいわれます。

「聞く力」については、阿川佐和子さんがどんぴしゃりの題名・タイトルで本にもされています。



人の話を聞く事は、どの仕事・どの職業においても大切であり、特にその色が濃い仕事なり職業の人に必要不可欠な「聞く力」とは、一体何かを、今回の表題と致しましょう。

スポンサーリンク

聞く力としてよくきく「傾聴」の力・傾聴力

人の話を聞く力として、よく話題にされるのが、「傾聴(けいちょう)」という言葉ではないでしょうか。

最近は「傾聴力」という言い方もされて、人の話を聞く事の大切さをうたう人が、よく話題にする単語です。

「傾聴力が大切です」「傾聴する力を磨きましょう」など、研修なり自己啓発的なセミナーで聞いたことがある人も、いらっしゃるかもしれません。



自己啓発セミナーでは、講師がしゃべりっぱなしで、あなたが全然人の話を聞いていないだろう、と突っ込みたくなる体験もしましたがね。

また、最近よくあるネットビジネス系コンサルタントの類いも、大概人の話を聞きませんし、傾聴力が無い我利我利亡者が沢山います。



この傾聴とか傾聴力とは、いかなる概念でしょうか?



傾聴とは、語源辞典を紐解くと、
:傾(耳をかたむけ)+聴(一心にきく)、熱心に耳をすます
とあります。

これは、凄く集中して、相手の話に熱心に耳を傾けているという姿・姿勢です。

確かに、人の話を聞く仕事や、目の前の相手と話をする際に、大切な事です。

相手の話に、熱心に耳を傾けるという傾聴、その力である傾聴力は、人の話を聞く仕事という色が濃い仕事についている人は、意識すべき事ではあるでしょう。

傾聴や傾聴力という言葉と概念について、言葉から学びなおしている研修屋がどれだけいるか存じませんが、この概念や在り方、考え方は大切にしたいものです。



ちなみに、真宗大谷派の僧侶から教えて貰った話ですが、一般的に心理学では、「聴く」「傾聴」を大切にしているそうです。

心理学に関連する仕事、カウンセラーなどが熱心に患者の声に耳を傾けるという姿は、ここにあるという事を、僧侶の話を聞いて思うことであります。
307155

人の話を聞く仕事には傾聴も大切だが「聞くこと」も大切

ここからは、ちょいと宗教色も出る話になってきますが、人の話を聞く仕事や職業、聞き上手になりたいと言う願望がある人にとっては、外せない話です。



私は、確かに傾聴や傾聴力という概念、その考え方は大切だと考えております。

それと共に、私は「聞く」という事も大切であり、考えるべき事として頂いております。



では、「聴く」「聞く」は、どう違うのでしょうか?



これは、特に真宗・浄土真宗のお坊さんもよく話されることで、私も東西の本願寺で何度か頂いた御法話の中で学ばせて頂いた事を元に、お伝え致します。



「聴く」は、上で話したように、「傾聴」のことです。

これは、「私が聴く」という、積極性のあると言いますか、往来で言うならば「聴きに往く」という語感の、人の話を聞く姿勢です。

真宗大谷派の僧侶の話では、注意深く集中して聴くという意味があるとも教えて下さいました。



ただ、これは一所懸命に聴いているつもりでも、「私が聴く」という事で、どうしても自我の世界が残ります。

自我で聴いているために、例えば、グッとこらえて口を挟まないでいても、次に自分が何を言おうか、という思考も入っている状態です。

要するに「自我の塊が聴いている、自我によって傾聴している」という事です。



一方の「聞く」は、己の計らいを超えた聞き方であり、相手の話、相手の意図を素直に聞く、という姿勢であり在り方です。

真宗・浄土真宗の幾人かの僧侶は、この「聞く」を、
:来るというイメージ・聞こえてくる
という表現をして解説して下さいました。



この「聞く」という言葉について私は「耳を傾けて、自我で聞いているのではなく、すっと自然に入ってくる聞き方」という味わいを頂いております。

そこには自我がありませんし、時として話し相手の話を聞いている内に、涙することもある、というのは、この「聞く」による作用ではないか、と、最近は考えるようになりました。
スポンサーリンク

「聞く」という「聞」は御経や偈文にも頻繁に出てくる言葉

この「聞」についてですが、御経を読む人や、私のように勤行をしている人ならば、頻繁に見聞きしていることかと存じます。



例えば、仏説阿弥陀経など浄土三部経は、始まりが
:如是我聞(にょぜがもん)
と、出て来ます。



また、私も毎日称えさせて頂いているのですが、「聞名徳益偈」「開経偈」にも「聞」という文字が出て来ます。

「開経偈」では、
:我今見聞得受持(我今見聞し受持することを得たり)
というところに「聞」の文字が御座います。

浄土宗では、四誓偈などを称える前に読み上げるのですが、真宗・浄土真宗では御法話の前などに皆で読み上げる「三帰依文」の最後部分で、読ませて頂く言葉です。



これ、一見一聞すると「我は聞いた」という頂き方をしそうですね。

このことについて、お坊さんに教えて頂いたのですが、例えば「如是我聞」は、
:我聞きたまへり、かくの如し(私はこのように聞かせて頂きました)
と、あります。

これは「我の計らいで聴いているのではなく、我の個人的なはかりを突き抜けて、聞かせて頂いている」「聞こうという計らいが無くても聞こえてくる」という、謙虚な受動性が含まれている、と私は味わい頂いております。



このことから、「聴く」と「聞く」を、より明確化するならば、「聴きに往く」「聞こえて来る」という表現が出来ます。



「聴く」は、「我が聴きに往く」という事で、自我があるために、時には「聴いてやっているんだ」という傲慢さも出てしまうやもしれません。

「聞こえてくる」という「聞く」は、受動的で謙虚にならねば聞こえてこない、という味わいを、私は頂いております。



ゆえに、人の話を聞く仕事についているという自覚のある方は、「聞く」「聞かせて頂いている」という姿勢も、意識しては如何だろうか、という事を申し上げたい次第で御座います。
237073

人の話を聞く仕事には「聴く」も聞く」も大切に、ゆえに「聴聞」

今回の話で、もしかしたら「聴く」より「聞く」の方が大切だ、と思われたかも知れません。

しかし、私はそうではなくて、「聴く」「傾聴」も「聞く」も大切であると申し上げます。



人の話を聞く場合、どうしても始めは「聴く」「傾聴」から始めざるを得ない、そのように私は思うております。

「聞く」という事や「聞く力」は、度重なる傾聴を通しすこと、何度も何度も「聴く」を続ける事によって磨かれることではないかと、聴聞を重ねる内に段々と味わうようになりました。



「聴聞(ちょうもん)」と申し上げましたが、あなたは「聴聞」という言葉をご存じでしょうか?

このお堂(ブログ)でも、「聴聞」という言葉はたびたび使わせて頂いております。



真宗・浄土真宗は、法話を大切にされている宗派と言う事もあり、そのためか「御法話を聴聞する」という表現も見受けられます。

特に真宗・浄土真宗では、「本願を聞き信ずる」「聞名(もんみょう)」という表現も伝えて下さいます。

「聞名(もんみょう)」は、平たく言えばお念仏が響いてくる、という意味もあり、この辺りは本願他力を大切にされている真宗の特徴だと私は味わいを頂いております。



信じる事で響いてくる、という意味で「聞く」という事を考えると、違った趣や、人の話を聞く際にも姿勢が違ってくるのではないでしょうか。



確かに、「傾聴力」を養い、相手の話に傾聴することは大切です。

人の話を聞く仕事を一所懸命に行う場合は、まずはここから始める事は大切でしょう。



しかし「傾聴」は、聞いているようで自我によって相手の話や意図するところが、聞こえなくなる場合も御座います。

厄介なのは、人は自我があるために、どうしても「聞こえてきた」という事さえ「聴いた」と、自我によって響をねじ曲げてしまう生き物です。

声なき声を拾い上げるのは、「傾聴」によって「傾聴力」が養われ、その先で「聞く力」が芽生え養われ、声なき声も響いてくる、というのが、私の現段階の考え方であり在り方であり、頂き方です。



「傾聴力を磨き、傾聴から相手の響を感じ取る聞く力を育んだ先の聴聞へ」

これが、人の話を聞く仕事において、大切な事ではないか、そのように思う今日で御座います。



もちろん、これは私の自戒・持戒としても、大切にすべき事である、と頂いております。

私はよく「理解力が無い」と言われますが、人の話を聞いているつもりになっているだけで、相手の意図するところが聞こえず、響いていないからだろうと、省みるところであります。



尚、人の話を聞く仕事に関連する話は、こちらにも用意して御座います。

参照1:「聞き上手になるには聞き上手な人の特徴からコツを学ぶべし」

参照2:「人の話を聞く仕事と資格を活かした職業3つを紹介」



今回の話と共に学んで頂く事で、人の話を聞く仕事としての聞く力も、普段のコミュニケーション力としての聞く力も、学べるのではないかと存じます。



合掌

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加