微妙の意味を英語からも学ぶ|仏教用語との使い分けのコツは読み方にあり

有難う御座います、ようこそお参り下さいました、当庵(ブログ)住職の真観です。

私は、池上彰さんの解説が結構好きなこともありまして、「池上彰のニュースそうだったのか!」も、視聴する事がたびたび御座います。
先日、「池上彰のニュースそうだったのか!」を視聴していると、意外と知らなかった日本語というコーナーで、「微妙」という言葉について解説されていました。

この「微妙」を、どのように読むかによって、どのような頂き方をされているか、ある程度把握する事が出来るのではないか、と思われます。



「微妙」とは、現在は「ビミョー」と、間延びしたような発音になり、あまり宜しい意味で使われる、という事情も御座います。

この「微妙」という言葉は、実は仏教用語であったり致します。

仏教用語としての「微妙」の意味と、現代的な意味としての「微妙」の使い分けのコツは、読み方にあります。



その辺りのことを、改めて意味を学び直すために、英語からのアプローチも交えて、お伝え致します。

スポンサーリンク

微妙の意味:現代的な使われ方のおさらい

「微妙」という言葉の意味について、まずは現代的な使われ方や、意味の認識・解釈について、おさらいしておきましょう。



まず、読み方は「微妙」と書いて「びみょう」と読む人が、大半ではなかろうかと存じます。

国語の漢字テストなどで「微妙」を「びみょう」以外の読み仮名回答をすると、不正解とされる可能性が高そうです。

後半でお伝え致しますが、「微妙」を「みみょう」と書いても、丸を付けて下さる先生は、恐らく仏教について知識のある人か、仏教用語をきちんと学んでいる先生です。



現在、特に若い世代の方々が「微妙」というと、「これ、何かビミョーだよね。」と、宜しくない文脈を読み取る事が出来る使われ方をしております。

「微妙な味」と言えば、あまり美味しくないという事を表現しているな、と、解釈出来るのではないかと存じます。



また、「程度を表す言葉と意味」という使われ方も、しておりますね。



例えば、「微妙なさじ加減」「微妙に調整する」と言いますと、「微細な、少しだけ」という意味で捉えられることでありましょう。

恐らく、仏教用語からこのような意味にさすらったのは「微」という言葉の意味と字面が、関係しているのだろうと、私は想像しております。



現在の「微妙(びみょう)」は、「かすかな」であったり、「良くも悪くも無いが、どちらかというとかすかに悪い方かな」くらいの語感・ニュアンスが御座います。

微妙を英語から学んでみる

言葉の意味を理解する上で、他言語から学ぶ事も有効・有用で御座います。

と、言うわけで、今度は「微妙」の意味を、英語から学んでみると致しましょう。

英語の教養も身につきますし、微妙の意味も深められますから、教養という視点からすると一石二鳥以上でありましょう。



「微妙」を、ATOKで変換していくと「subtle」が出て来ます。

「subtle」とは、「とらえがたい、微妙な、微細な、巧妙な、敏感な」と言う意味です。



また、別の英単語では「delicate」が出て参ります。

「delicate」の意味は、「上品で微妙な、優美な、繊細な、ほのかな、美味しい」です。



なんだか、現代の日本で使われております「ビミョー」と書くとわかりやすい語感・ニュアンスの「微妙」とは違う印象が御座います。



そういえば、冒頭でお伝えしました「池上彰のニュースそうだったのか!」の、以外と知らない日本語コーナーでは、「そのまま世界で使われるようになった日本語」も紹介されておりました。

「KOBAN」や「MOTTAINAI」が、それに該当致します。



実は、「微妙」も、それと同じフレーズが御座いましてね。

今回、上の単元で「微妙なさじ加減」という表現を用いておりますから、「微妙なさじ加減」を、英語にしてみましょう。



試しにGoogle検索で、「微妙なさじ加減、英語」と検索してみますと。



「subtle sajikagen」と、教えて下さるではありませんか。

「sajikagen」というのは、英訳しにくいのでしょうかね。

「加減」は、「addition and subtraction」ですけれども、「匙加減」は「sajikagen」と出ます。

いやはや、「spoon」とは訳さずに、「微妙なさじ加減」の英語での表現は「subtle sajikagen」とは。



ちなみに、「匙加減をする」でしたら、「make allowance(s)」が使えます。

ゆえに「make allowance(s)」という英語表現を、上手いこと使った方が、無難に伝わりそうな気が致します。
スポンサーリンク

微妙の意味を仏教用語として学ぶ

現在は、「微妙」と言うと、「ビミョー」と言うように、あまり宜しくない意味で使われるか、「ちょっとした、わずかな」という意味で使われます。



そのような「微妙」ですが、「微妙」という言葉は、実は仏教用語の一つです。



実は私も、毎日この「微妙」という言葉を、毎日読み上げる偈文の中に御座います。

故に、池上彰さんの「池上彰のニュースそうだったのか!」で、「微妙」が取り上げられたとき、その事を連想したものです。





仏教では、「微妙」「みみょう」と読みます。

そして私は、この「微妙」を、毎日「みみょう」と読んで、有り難く尊い意味で、頂き続けておるのです。



一体、どこでこの「微妙(みみょう)」が出てくるのか。



私は浄土宗の勤行をさせて頂いておりますが、浄土宗の勤行では、御経を読み上げる前に「開経偈(かいぎょうげ)」を読み上げます。

「開経偈」とは、「これから読経しますよ」という意味であり、その合図のようなものだと考えて頂ければ、わかりやすいかと存じます。

「開経偈」の内容は、以下の通りです。



「無上甚深微妙法、百千万劫難遭遇、我今見聞得受持、願解如来真実義」



ちなみに、真宗大谷派で毎日の御法話の際、お坊さんと一緒に「三帰依文」を読み上げますが、三帰依文の最後に、お坊さんが「開経偈」の読み下し文を読まれます。

「無上甚深微妙の法は、百千万劫にも遭遇こと難し・・・」と、こんな感じです。



「無上甚深微妙法」の読み方は、「むじょうじんじんみみょうほう」です、出て来ましたね、「微妙(みみょう)」が。

きちんと意味を現代語訳して理解すると、「微妙(みみょう)」は、素晴らしいという意味で頂く事が出来ます。

仏教用語としての「微妙(みみょう)」とは、「感覚で捉えることが出来ない程に、「かすか」で「たえ」なる状態」という意味です。

この辺りは、私は禅僧の玄侑宗久さんの「さすらいの仏教語」からも、学ばせて頂きました。

「微妙(みみょう)」と言いますと、仏教用語として使われる場合、「感覚で捉える事が出来ないほどに、微かで妙なる素晴らしき仏法、法の教え」という意味で、解釈出来ます。



「無上甚深微妙法」を、私はそのような頂き方をしております。

「これ以上が無いほどに、甚だ深く、人の感覚で捉えることがでにない程に微細かつ妙なる法は、百千万劫もの時間の中でも、遭う事が難しい」というのは、どれほど有り難いか、という事をあらしています。

是がもし「ビミョー」だったら、全然有り難みも尊さもありません。

「微妙(みみょう)」は、このことからも、仏教用語としては「素晴らしい、有り難く尊い」という意味がある、という事が、おわかり頂けるかと存じます。



なんだか、「微妙」という言葉は、英語で表現したときの方が、仏教用語としての解釈に近いというのが、なんとも言葉の不可思議さを感じるところです。



そういえば、「妙」と言えば、現在でも「巧妙な手段、絶妙な味」と言うと、なんだか良い方向性の意味に捉えられる事も御座います。

「巧妙な手口」というと、詐欺の上手さという意味もあり、一概には言えませんが。

「微妙(みみょう)」も、長いさすらいを経て、「ビミョー」な意味になっていったもので御座います。

「微妙」の現代的な意味と仏教用語としての意味と使い方の分けるコツは、読み方にあり

「微妙(びみょう)」「微妙(みみょう)」の意味は、これで現代的な使い方としての意味と、仏教用語としての意味の両方を、覚えられたことかと存じます。



では、きちんと分けて使う、使い分け方はどうすれば良いのか。

勘の良い方でしたら、もうおわかりかと存じます。

そうです、「読み方」が違うのですから、読み方で使い分けるのが、使い分けのコツです。



文字で書く時は、振り仮名を付かないと伝えづらいでしょうが、会話の時などで使い分けるなら、「びみょう」と「みみょう」と、読み方で使い分けると宜しいかと存じます。

「え?みみょう、って何?」と聞かれたら、説明しないといけない事は、発生するかとは思いますがね。



ちなみに、仏教用語と現在使われている日常語との区別は、読み方でわかる、という事は、あるものです。

例えば、「安心」は、現在は「あんしん」と読みますが、仏教用語としては「あんじん」と、濁ります。

「執着」も、日常語としては「しゅうちゃく」ですが、仏教用語としては「しゅうじゃく」です。

「選択」は、浄土宗でしたら「せんちゃく」で、真宗・浄土真宗なら「せんじゃく」ですし、日常語でしたら「せんたく」です。

読み方で、その人が仏教徒かお坊さんか、仏教を学んでいる人か、わかりそうですね。



これを踏まえて、「微妙」も、「びみょう」と「みみょう」と、使い分けている人は、仏教を学んでいる人か仏教徒か、といったところで御座いましょう。

ただし、漢字の読みのテストでは「みみょう」ではなく、「びみょう」と回答する方が、無難ではあるでしょうけれども。



合掌、礼拝

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加