増上寺の24時間不断念仏会2016の感想体験記|前編・とにかく南無阿弥陀仏

有難う御座います、ようこそお参り下さいました、当庵(ブログ)住職の真観です。

以前、東京の浜松町駅に近いお寺、浄土宗大本山増上寺にて、「24時間不断念仏会2016(第11回)」が行われるとお伝えしておりました。
119493 そして今年は私も参加させて頂くと宣っていた通り、24時間増上寺の中にこもって、念仏申して参りましたよ。

しっかりと、私自身がミッドナイト念仏in御忌のマスコットキャラクター(なのか?)である、ポックマになってきました。



京都では、2015年5月15日(日)は「葵祭(あおいまつり)」だったのですが、私はその日は東京で只管お念仏させて頂いておる身でした。



増上寺の第11回24時間不断念仏会2016については、参加させて頂いたプログラムの内容と、感想体験記と題して、前編後編の2回に分けてお伝え致します。

来年の増上寺、もしくは秋に開かれる京都の清浄華院での24時間不断念仏会の参考になれば、幸いです。

増上寺で24時間不断念仏会2016が始まった

私は京都からえっちらおっちらと、新幹線で品川駅へ、そして山手線に乗って浜松町駅へ行き、増上寺へ。

早めに到着したから、ゆっくりと早めの昼食をカフェ・ド・クリエで済ませて(ふわふわ卵サンドを食べました)、いざ、増上寺へ。

立派な三解脱門をくぐり、本殿の隣にある光摂殿が会場ですから、早速そちらへ入って座って待機しておりました。

すると、清浄華院でお世話になったお坊さんと再会し、挨拶を交わし、時間が来てオリエンテーションが始まります。



主宰されているお坊さんの話が終わり、光明摂取(こうみょうせっしゅ)の文が読み終わってから、いよいよ24時間ぶっ通しで念仏三昧



私は、途中トイレに行く以外は、13時から17時まではほぼ通しでお念仏三昧でしたよ。

ただ、リーダー訳となる大きな木魚がありまして、それを体験してみたくて申請したところ、快諾して頂き、17時50分頃から18時20分頃まで只管、でかい木魚を叩かせて頂きました。

あれ、「ばい」と呼ばれる木魚を叩く棒もちょっと重めなんです。

ゆえに、コツを掴むまでは汗ばむようなたたき方になってしまい、ちょっと手が疲れました。

反動を活用して叩けば良いことを覚えてからは、スムーズに出来るようにはなりましたが。



そして、終わってから夕飯に出して頂いた拘りのざる蕎麦を頂き、19時頃からまた1時間ほどお念仏、少し休憩して20時から21時少し前まで念仏三昧。

そして、21時頃からぶっ続けで翌日の午前1時まで、その内1時間は大きな木魚を叩かせて頂きながら、只管お念仏です。

まさに、一枚起請文にある「ただ一向に念仏すべし」です。



流石に4時間ぶっ通しだったから、少し休憩を入れようとしたのですが、10分も休むと、お堂から木魚の音が一斉に消えました。

慌てて戻ってみると「五体投地」をされていたから、そのまま参加しましたよ。

「五体投地」とは、「なーむあーみだーぶ」に音程がついた美しい声と共に、立ったり座ったり地に伏したりを繰り返すお念仏の称え方です。



これを2時くらいまでつつけて、2時半くらいまでお念仏をして、また休憩室へ。

休憩室では、清浄華院でお世話になった尊敬するお坊さんと再会し、また色々と御法話を聴聞させて頂けました。

後編でも話しますが、こういった別時念仏会の醍醐味と言いますか、私が素晴らしいと感じているのは、お坊さんと交流できることにあります。

お坊さんって、普段は法事やお葬式、お盆かお彼岸くらいしか接する機会が無いという人も、多いのでは無いでしょうか。

昔は、もっと人々と近い場所にあったと言われている仏教やお坊さんを、間近で、身近に感じる事が出来る別時念仏会は、お坊さんとの接点を得られる貴重な体験の場です。



私は、この体験が楽しみという事もあり、一般に開放されている御法話や念仏会、坐禅会に顔を出すようになりました。
スポンサーリンク

増上寺本殿での朝のお勤め(勤行)を体験させて頂けました

午前2時30分頃に休憩を入れて、午前3時からまたお念仏をして、4時半頃にまた休息。

この季節、5月中頃ともなると、早朝4時30分頃でも明るさを感じますね。

24時間別時念仏会では、願いを書いた灯籠を境内に飾るのですが、それをまだ暗い内に観に行って、再び午前5時から30分だけお念仏。



そして、私も楽しみにしていた企画の一つ、
:増上寺の朝のお勤め(朝勤行)
を、体験させて頂きました。



体験と言っても、称えられる偈文や同唱十念(南無阿弥陀仏を10回お唱え申し上げる)をする程度でしたけれどもね。

本堂に響く浄土宗の僧侶達の声は、凄く美しく感じました。

とても済んでいて、ハリがあって、見事でした。
257412

本堂で貴重な体験をさせて頂いた後、午前7時から朝食を頂き、8時少し過ぎてから再びお念仏。



10時からは、増上寺の境内を案内して頂ける企画がありまして、私もそれに参加させて頂きました。

増上寺の歴史を学びながら、境内をお坊さんに案内して頂きながら、色々と学ばせて頂いたものです。

増上寺っは徳川家の菩提寺であり、歴代の将軍のうちの何人かと、側室など関係する人達が眠るお寺でもあるのです。

徳川将軍家墓所には、専門のガイドが案内して下さいますから、歴史と共に学びたい人は、ガイドに案内して貰うと良いでしょう。

私たちが訪れた時には、丁度観光客のグループが、レクチャーを受けていたところで、ちゃっかり説明を聞いていたりしたものです。



そして、5月15日は丁度「安国殿」の黒本尊が顔を覗かせて下さる日であり、素晴らしいタイミングで増上寺に来る事が出来て喜んだりして、三解脱門の説明も受けたりして、増上寺境内案内は終了。

後は、只管お念仏三昧にて、24時間不断念仏会in増上寺2016を締めくくりました。



今回の24時間別時念仏会では一睡もせず、休息や朝のおつとめや境内案内についていったり、それらを除くと大体16時間はお念仏させて頂いておりました。

世界中とお念仏で繋がる24時間

前編では、感想らしい感想はなく、単なる事実確認の体験談になってしまいましたね。



一つ、感想らしい事を言うとすれば、
:世界中と一つの事で繋がるという尊さ
を、体感したと言う事でしょうか。



お念仏をさせて頂いているとき、Ustreamを介して、世界中にある浄土宗の寺院なり別院と中継が繋がり、世界中とお念仏によって繋がっておりました。

最初はハワイと中継が繋がり、時折カメラに子供がお念仏しながらはしゃぐ姿が見えたり、檀信徒さんと一緒にお念仏されている台湾のお寺と繋がったり。

フランス・パリやアメリカ合衆国とも中継が繋がったり、日本のお寺とも繋がったりと、とにかく世界中の人達と、お念仏を共にさせて頂いた事を、中継で随時知る事が出来ました。



京都の清浄華院で24時間別時念仏会に参加させて頂いた時、パリの仏教センターと中継が繋がっていたときの事です。

主宰のお坊さんが、
:パリと京都、念仏で繋がる夜
と、書かれた画用紙をカメラに向けられているのを観て、この言葉で「お念仏に国境なし」と、直観したものです。
(パリとは夜の時間帯に中継が繋がっておりました。)

国境線は、人によって設けられた「分別(分断して別にする)」という行為によるものではないか、そのような問いに気づかせて頂いた、という体験です。

国境の無い僧侶団の事も増上寺で中継動画が繋がった時に思い出したものです。



「お念仏で、国境を越えて人は繋がる事が出来る。」
という事を、素敵だなあ、と感じるのは、私の煩悩だったり分別なのかな、と、そういうこともまた考えた次第であります。



前編は、感想体験記というよりも、事実確認の体験談の色が濃くなりました。

増上寺の24時間不断念仏会2016の話は、後編へ続きます。



合掌

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加